参戦履歴 ※随時更新します

 

 

2011
06/26 Everyday、カチューシャ 全国握手会
09/19 フライングゲット 全国握手会
09/20 じゃんけん大会 ライブビューイング
11/06 風は吹いている 全国握手会

 

2012
01/24 リクエストアワーセットリストベスト100 ライブビューイング
04/06 野中美郷、動く。全国ツアー福岡
05/09 見逃した君たちへ2 ただいま恋愛中 ライブビューイング
05/13 GIVE ME FIVE! 全国握手会
07/12 チームH 手をつなぎながら
07/16 真夏のSounds good! 全国握手会
07/18 チームH 手をつなぎながら
08/01 チームH 手をつなぎながら
10/29 チームH 手をつなぎながら
12/24 ギンガムチェック 全国握手会

 

2013
02/11 UZA 全国握手会
02/13 チームH 手をつなぎながら
03/09 スキ!スキ!スキップ! 初めまして会
03/31 スキ!スキ!スキップ! 個別握手会
04/14 スキ!スキ!スキップ! 個別写メ会
04/29 スキ!スキ!スキップ! 全国握手会
06/13 チームH 博多レジェンド
07/20 真夏のドームツアー まだまだやらなきゃいけないことがある 福岡
07/21 真夏のドームツアー まだまだやらなきゃいけないことがある 福岡
09/28 メロンジュース 個別握手会
10/27 メロンジュース 個別握手会
11/04 So long! 全国握手会
12/05 チームH 博多レジェンド 指原莉乃生誕祭

 

2014
02/16 さよならクロール 恋するフォーチュンクッキー 全国握手会
03/21 可愛い子には旅をさせよ 福岡
04/06 リクエストアワーセットリストベスト100 ライブビューイング
04/29 ハートエレキ 前しか向かねえ 全国握手会
05/18 桜、みんなで食べた 個別握手会
07/13 可愛い子にはもっと旅をさせよ 福岡
07/15 ひまわり組 パジャマドライブ
08/03 桜、みんなで食べた 全国握手会
08/21 チームH 青春ガールズ 松岡菜摘生誕祭
10/25 控えめI love you! 個別握手会

 

2015
02/02 控えめI love you! 全国握手会
02/22 ラブラドールレトリバー 心のプラカード 希望的リフレイン 全国握手会
06/07 選抜総選挙後夜祭 あとのまつり
07/11 12秒 個別握手会
10/03 12秒 個別握手会
11/03 ℃-uteコンサートツアー ℃an't STOP 福岡
11/23 GREEN FLASH 僕たちは戦わない ハロウィンナイト 全国握手会
12/23 しぇからしか! 個別握手会

 

2016
02/27 しぇからしか! 個別握手会
03/30 サシコドソレイユ 福岡
03/31 サシコドソレイユ 福岡
04/19 何故人は争うんだろう?/人生はSTEP!/Summer Wind 発売記念イベント
05/04 ℃-uteコンサートツアー ℃ONCERTO 福岡
05/29 74億分の1の君へ 個別握手会
10/30 夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing〜あの頃のように〜 発売記念イベント
11/26 ℃-uteコンサートツアー ℃OMPASS 大阪 昼
11/26 ℃-uteコンサートツアー ℃OMPASS 大阪 夜

 

2017
02/21 こじまつり前夜祭
02/22 こじまつり小嶋陽菜感謝祭
05/03 ℃-uteコンサートツアー ℃elebration 福岡
06/12 ℃-uteラストコンサート Thank you Team℃-ute
08/19 キスは待つしかないのでしょうか? 個別握手会

 

2018
01/28 092 シチュエーション写真会
02/12 092 シチュエーション写真会
05/27 これが博多のやり方だ! 福岡
06/07 チームK制服の芽 宮脇咲良生誕祭
07/09 鈴木愛理 Do me a favor
07/21 乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 福岡
07/22 乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 福岡
10/21 鈴木愛理 RKBラジオまつり
12/17 鈴木愛理 PARALLEL DATE

 

2019
02/24 乃木坂46 西野七瀬卒業コンサート ライブビューイング
04/06 ジワるDAYS 個別握手会
04/13 チームH RESET 指原莉乃卒業公演
04/14 意志 個別握手会
04/19 チームH RESET モバイル会員限定公演
05/05 PassCode ZeppFukuoka
05/15 チームH RESET
05/28 指原莉乃大感謝祭
07/15 チームH RESET
07/19 鈴木愛理 Escape
07/20 乃木坂46 真夏の全国ツアー2019 福岡
07/27 意志 個別握手会
08/04 〜あの支配人からの、卒業。〜 北九州
08/14 チームH RESET 松岡菜摘生誕祭
09/15 ひまわり組 ただいま恋愛中
10/22 〜あの支配人からの、卒業。〜 佐賀
10/27 〜あの支配人からの、卒業。〜 福岡
11/24 仁義なき戦い〜彼女たちの死闘篇〜
12/15 チームH RESET

 

2020

01/12 Chou Chou会 23巡
01/27 チームH RESET 6巡
02/14 チームH RESET バレンタイン公演 女性枠
09/04 勝手にホークス応援団
09/17 3-2 オンライン握手会 先行体験会
10/04 3-2 オンライン握手会
10/11 3-2 オンライン握手会
10/24 The Creators
11/08 3-2 オンライン握手会
11/10 チームブルー・チームパープル 博多なないろ

 

推しメンを一人に絞れないおはなし

 

 

 

 

 

わたし、推しメンが多いんです。

オタクあるあるだと思うんですけど(?)、すぐ「推しメンが〜」て言っちゃって、それはどの推しメン???と聞き返されること多々。

 

でも、あの子も好き!この子も好き!って感覚はないんですよ。

むしろ、一度好きになったらずーっと好きなので。推し変もあんまりしたことないです。

 

この界隈の推しメンは◯◯ちゃん、あの界隈の推しメンは◯◯ちゃん、て感じで、いろんな界隈を兼オタしてるから推しメンが多いだけであって、基本的に同じグループに何人も推しメンがいることはないんです。

 

が、HKT48だけはどうしても絞れていなくて。

HKT48松岡菜摘ちゃんと、森保まどかちゃんのことが、何年考えても、どうしても、同じくらいに大大大好きなんです……。

 

この「なつまど問題」抱えている人多いんじゃないですかね。

 

別に、なつまどでセット売りされてたからセットで好きなわけでもないし(なつまどが供給されるとドカ沸きしますが)、二人が似てると思ったこともあんまりない。

でもどうしても、一人に絞れないのです。

 

 

 

なんとなく、あぁわたし多分、菜摘ちゃんの方が好きなのかな。と感じることも多いんです。

菜摘ちゃんに対しての方が、必死になってしまうことが多くて。

今も、ソロCMを獲得するための、栄光のラビリンスイベント真っ最中です。絶対に菜摘ちゃんを1位にしたいと、本気で思っています。

今回も、これまでも、沢山ラビリンスやshowroomのイベントで必死になってきました。

ライブでうちわを持つときも、握手会に並んでいるときも、なんとなく「菜摘ちゃん」のほうが自分が堂々としている感覚があるのです。

 

まどかちゃんは、なんだか「おじゃまします…」みたいな感覚がずっとあって。

でも、じゃあまどちゃんは2推し?と考えると、そんなわけないんです、2推しなんかよりももっと、全然もっと、大好きなんです。

まどちゃんだってわたしの推しメンなんです!

 

 

応援したい、応援しなきゃ。

力になりたい、支えなきゃ。

誰かがやってくれるじゃなくて、

自分もその中に入ってやらなきゃ。

喜んでる顔が見たい。笑っていてほしい。

菜摘ちゃんに、嬉しい出来事が沢山起こってほしい。

 

そんな風に思うのは松岡菜摘ちゃんで。

 

 

森保まどかちゃんのことは、単純に、

お顔がめちゃめちゃ好きで、

スタイルもほんとに好きで、

言葉遣いとか喋り方とか声とか、

そういうところ全部、一挙一動が、

性癖にグサグサ案件なんですよ。

 

毎回じゃないけど()、まどちゃんの動画とか、写真とか、ちょっとした文章とか、そんな些細なことでキュンキュンキューーーーン!!!となることがあって。

もう無理ほんとにかわいい、死ぬ、好きすぎる無理。。ってなるんです。

昨日も、インスタライブでメイク配信してくれたんですけど、すっぴんが美しすぎて死にました。もう、グッサグサでした。

 

わたしは、森保まどかちゃんのことが、本能で好きなんです!!!

 

 

 

と、いうことに最近自分で気がついて。

だから「なつまど単推し」なんだな、と。

どっちの方がとかじゃなくて、どっちも好きなんだな、と。

 

 

 

 

なんの話???すぎるけど、このことをどこかに書き記したかっただけです……。

明日になったら言いよること全然変わるかも……。

 

 

 

#秋元康カルタ 改訂版

 

 

秋元康カルタ」は、流行った頃に一度ツイートしたことがあるのですが、ちょこちょこ変更を加えました。

 

秋元康が書く詞がわたしは本当に好きです!!

好きな歌詞の頭文字が被りすぎていて悩みましたが、それも本当に楽しい。

 

 

 

そして、この「秋元康カルタ」を考案された方が天才すぎる……。楽しい。

 

これ、作成者それぞれの性癖がめちゃめちゃ出るので少し恥ずかしいですが……。

 

行ってみましょう〜〜!!!

 

 

 

 

厚い雲の隙間に光が射して

グラウンドの上

僕にちゃんと影ができた

(君の名は希望/乃木坂46)

 

 

今までならきっと逃げてただろう

君のことを失うのが怖い

片想いなら黙っていればいい

両想いなら気づかなければいい

(今 話したい誰かがいる/乃木坂46)

 

 

海沿いのバス停で夕暮れに急かされ

時刻表を見ていたとき

ふいにキスをされたね

(ビーチサンダル/AKB48)

 

 

永遠より12秒

(12秒/HKT48)

 

 

同じ紺の制服 帰り道に集まって

ここで いつもの木の下

黙って青空を見ていた

(桜、みんなで食べた/HKT48)

 

 

カレンダーより早く

シャツの袖口まくって

太陽が近づく気配 僕の腕から衣替え

(ポニーテールとシュシュ/AKB48)

 

 

君は陽に灼けたくないってキャップを目深に被ってたね

キスをするときに邪魔になったよ

ぎこちなく抱きしめた

(風の行方/AKB48)

 

 

苦しくなるくらいすべてがぎこちない

I know…

(裸足でSummer/乃木坂46)

 

 

決心のきっかけは理屈ではなくて

いつだってこの胸の衝動から始まる

(きっかけ/乃木坂46)

 

 

木漏れ日の密度でもうすぐ夏だよって

風が教える

(君は僕だ/前田敦子)

 

 

さっきまでのあの風景とは空気まで変わった気がする

海と空がちゃんと向き合って

そうお互いのその青さ映し合っている

(真夏のSounds good!/AKB48)

 

 

冗談ばかり いつも言い合ってるのに

なぜか今日は遠回りした儚い恋

(二人乗りの自転車/AKB48)

 

 

すぐに燃え尽きる恋より

ずっと愛しい君でいて

(10年桜/AKB48)

 

 

青春はいつだって虚しい

(孤独な青空/乃木坂46)

 

 

それが恋だとわかってるけど

言い訳maybe

(言い訳maybe/AKB48)

 

 

大事な君だから

次の夏までギンガムチェック

(ギンガムチェック/AKB48)

 

 

近くに行ったら

大事な君まで消えちゃいそうでだめだ

(不器用太陽/SKE48)

 

 

強い陽を受けて校舎の窓がキラキラしてる

僕は手を翳して心の中で君を探していた

(High School Days/AKB48)

 

 

出遅れた愛しさは君に追いつけるかな

(走れ!Bicycle/乃木坂46)

 

 

度が過ぎた愛しさをあやまろうと思う

(ごめんね、Summer/SKE48)

 

 

夏の太陽に目を細めたとき

君のことを綺麗だと思った

(僕らのユリイカ/NMB48)

 

 

人間関係は面倒だけど

一人では生きて行けない

(夕陽を見ているか?/AKB48)

 

 

濡れたサンダルは乾くけど

口に出した言葉は消えない

(地球が丸いなら/乃木坂46)

 

 

ねえ そんなに悲しい目で

私を見つめないでよ 笑顔見せて

(約束よ/AKB48)

 

 

野良猫と私違うのよ

家出してきたシャムネコさ

(シャムネコ/AKB48)

 

 

ハートの遠回り

好きだと言い出せない

(春が来るまで/AKB48)

 

 

人はみな自分に嘘を吐いて生きてる

ずっと隠してた本当の気持ち

(僕の打ち上げ花火/AKB48)

 

 

降り始めた細い雨が

銀色の緞帳を降ろすように幕を閉じた

それが私の初恋

(でもでもの涙/AKB48)

 

 

勉強なんかできなくたって

もっともっと大事なことがある

(オネストマン/AKB48)

 

 

僕のハートは引っ越しできない

(引っ越しました/AKB48)

 

 

巻き戻せない時間の背中に

寄せては返す波が切ない

(Only today/AKB48)

 

 

未来はいつも思ったよりも優しくて

風景がふいに滲んでくる

(maxとき315号/NGT48)

 

 

無意識にそっと口ずさむ僕は今でもまだ

(君はメロディー/AKB48)

 

 

目と目が合った瞬間 こうなる運命だった

あの日からあなたにLOVE修行

(LOVE修行/AKB48)

 

 

もう一度君を抱きしめて本当の気持ち問いかけた

失いたくない

守りたかった愛に代わるもの

(サヨナラの意味/乃木坂46)

 

 

やっぱり君が一番だ

このままずっと初恋の人

(SEVEN TEEN/AKB48)

 

 

夢を見るハートに酸素が足りない

恋の息継ぎ

(さよならクロール/AKB48)

 

 

寄せる波 避けるたび

二人の足跡消されてしまった

(Everyday、カチューシャ/AKB48)

 

 

Love you, I say, good bye my dearest

(ジワるDAYS/AKB48)

 

 

listen お気に入りのあの日の水着

今年はもう似合わないね

海にも入らないし日焼けもしたくない

ワンピースのままでいい

(波音のオルゴール/HKT48)

 

 

ルックスがアドバンテージ

いつだって可愛い子が人気投票1位になる

(恋するフォーチュンクッキー/AKB48)

 

 

恋愛総選挙

誰と付き合いたいか投票なんて

(恋愛総選挙/AKB48)

 

 

ロマンティックいか焼き

こんなものもキラキラして見える

(ロマンティックいか焼き/乃木坂46)

 

 

若さとは不器用でやり残すもの

(大人列車/HKT48)

 

 

 

 

一番好きな歌詞は、「す」です。

ガチ恋してしまったおはなし

 

 

 

ガチ恋」とは、アイドルに対して本気(ガチ)で恋してしまうオタクのことです。恋愛対象として、好きになってしまうこと。界隈によっては「リア恋」とも呼ばれているらしいですね。

 

 

わたしは、HKT48松岡菜摘ちゃんにガチ恋したことがあります!

 

いや、あれはガチ恋だったのか…?

これはガチ恋なのか…?

 

と、思ったことがあるだけなのですが。

 

 

 

それは2013年のこと。

やっと、HKT48がメジャーデビューした3月でした。

 

福岡県に住んでいて、当時中学生だったわたしには、遠征という考えは全くなく、

 

AKB48が福岡に来てくれるとき

HKT48の劇場公演

 

わたしのオタ活はこれだけでした。

 

 

48グループがシングルを出すたびに開催する個別握手会も、AKB48は福岡では開催していなかったし、HKT48はメジャーデビューをするまで、HKT48として握手会を開催することもありませんでした。

 

接触は、劇場公演でのハイタッチのみ。

そんな状態でした。

 

 

そして、2013年3月、

スキ!スキ!スキップ!」でHKT48はメジャーデビューを果たしました〜〜!パチパチパチ

 

CDを出すということはもちろん、握手会があります。

福岡では、個別握手会、全国握手会、個別写メ会を開催してくれました。

さらに、ショッピングモールをメンバーが回り、CDを予約することでイベントに参加できる、「はじめまして会」というイベントも開催されました。

これからもずっと応援するね、と指切りをするというもの。

 

ここで、松岡菜摘ちゃんに、恋に落ちることになるのです。

 

 

元々、松岡菜摘ちゃんのことは好きでした。

HKT48がお披露目されたとき、わたしは別のメンバーが気になっていましたが、

オタ友 兼 幼なじみである親友ちゃんが、松岡菜摘ちゃんが一番かわいい!と気になっている状態でした。

 

福岡に48グループができたことが嬉しくて、HKT48のことは初めからずっと見ていました。

実際に劇場公演に行くようになったのは、指原莉乃ちゃんが移籍してからでした。

 

指原莉乃ちゃんのことはAKB48時代から大好きだったし、間近で見るとさらに好きになった記憶があるな。もちろん今でも大好きです。

 

そして、劇場公演に行くようになって、好きになったのは森保まどかちゃんでした。

その頃には、お披露目の際に気になっていた別のメンバーは、気づいたら消えていて(察してください)、親友ちゃんも宮脇咲良ちゃんを好きになっていました。

 

 

わたしにとっても、親友ちゃんにとっても、

松岡菜摘ちゃんは2推し、くらいの感じでした。

 

 

 

前置きがかなり長くなりましたが、

そんなこんなで2013年3月に初めて、

松岡菜摘ちゃんと接触したのです。

 

マジの地元のショッピングモールで、

これから応援します〜と指切りをして、

もう何を話したとかも全く覚えていないんですが、

ただただ、笑顔が可愛かった。眩しかった。

それだけでした。

 

田舎の女子中学生が、アイドルの女の子に恋をした瞬間でした。

 

 

 

それから、今までは当たり前のように見ていたテレビ番組の録画を、すべて見返しました。

見たことあるものをもう一度見ているのに、初めて見ているかと思うくらい、見え方が変わっていました。

菜摘ちゃん、かわいい!

かわいくて、好きで、苦しい。

 

SNSの更新もめちゃめちゃ楽しみになったし、毎回急いでコメントしていました。

 

学校に行くとき、ごはんを食べているとき、お風呂に入っているとき、友達や家族と話しているとき、寝る前、、

大げさではなく本当に、毎日毎日、どんな時でも菜摘ちゃんのことしか考えられないくらいでした。

 

当時の菜摘ちゃんは今よりもずいぶんネガティブで、SNSで弱音を吐くことも多かった気がします。

菜摘ちゃんが苦しいと本当に苦しかった。

何かしてあげたくても、何もできない。

オタクのコメントなんか、届いているかすらわからないし、

こっちはメンバーの中の一人としてではなく、一人の人間として松岡菜摘ちゃんが大好きなのに、

菜摘ちゃんにとってわたしは、大勢いるオタクでしかないんだよなぁ。

いやまず、認知すらもらってなかったと思う。

 

反対に、菜摘ちゃんに嬉しいことが起こると、わたしも本当に嬉しかった。

嬉しかったはず、なんだけど、今思い返してみると、苦しかった気持ちばっかり思い出されるのはなんでだろうね。

 

 

握手会に参加しても、もちろん上手になんか喋れなかったし、ただ好きが募っていくだけでした。笑ってくれるのが嬉しかった。

いつも可愛かった。

 

この頃には、菜摘ちゃんが、メンバーと仲良くして、抱き合ったりくっついたりしてるのを見るのも嫌になってました。

いやいやいや、オタクが何言いよん??と思うけど、それくらい限界だったんだと思います…。

だって、年も変わらないし、県内に住んでるし、同性だし、、え?わたしでもよくない?HKT入るか?という感情すら湧き上がりました。もちろんHKT48には入れません。

 

ガチ恋だったんだと思います。

だけど、「アイドル」として好きでした。

世間って意外と狭いもので、HKT48メンバーがどこ中学校出身だとか、友達の友達が〜とか、そんな話も入ってきましたが、

菜摘ちゃんの話だけは、やめて!話さんで!知りたくない。と、聞きませんでした。

「アイドル」以外の、わたしが知らない菜摘ちゃんのことは、知りたくありませんでした。

 

ハッキリと恋愛対象とか、そんな感じではなかった気がします。

わたしが知らないだけで、アイドルを応援するのは普通にこんな感じなのか、これはガチ恋だったのか……。

 

 

そんな状態が2年くらいかな?続きました。

ふと、他のアイドルの動画を見たのをきっかけに、どハマりしてしまい、自然と菜摘ちゃんやHKT48のことはそこまで追いかけなくなりました。

 

そのとき好きになったアイドルは、もう本当にプロフェッショナルで、完璧で、

「こんな思いするくらいなら他の子を推していればよかった」

そんなことはまっっっったく考えたことがないくらい、推していてしあわせで、いつもポジティブなオーラを分けてくれて、生で見ると凄すぎて圧倒されるけど、映像で在宅オタクするのでも十分でした。

 

そんな℃-uteは2017年に解散してしまい、元々わたしがアイドルを好きになったキッカケで、はじめての推しである、特別も特別な、小嶋陽菜さんもAKB48を卒業してしまい、

もうわたしはここでオタ卒だ。と思っていました。

 

まぁ、まんまと乃木坂46にハマりオタクは途切れることすらなかったのですが。

 

白石麻衣さんを好きになり、これまた好きで苦しい生活を送りました。

が、松岡菜摘ちゃんを好きだったときほどではなかったです……。

 

これはもう、距離の問題だと思うのですが。

会いに行って、好き!苦しい!もう会いたい!ってなっても、菜摘ちゃんならきっとまたすぐに会いに行ける。握手会でも、劇場公演でも。

 

でも、まいちゃんは、遠くまで会いに行っても、握手にたどり着くまでに何時間もかかると聞きました。そして握手は1〜2秒。

きっとわたしの性格上、会えてしあわせ!大好き!の感情よりも、ここまで来て、これだけ待って、想いの半分も伝えられなかった。と苦しくなってしまう気がしました、そんな自分のこともきっととても嫌になるだろう、と。

 

だから、行かない選択をしました。

まいちゃんももう卒業発表をしてしまっているので、一度くらい行けばよかったのかな?と思わなくはないですが……。

 

 

 

そんなこんなで、乃木坂46を好きでいた頃、

AKB48が福岡で個別握手会をやる!と聞きました。

しかも、AKB48の個別握手会って、わたしが参加したことのあるHKT48の個別握手会と違って、握手だけでなく、推しメンの動画が撮れたり、ツーショットで写真を撮れたり、サインを書いてもらえるチャンスがあるのです。

 

菜摘ちゃんやHKT48のことを、スパッと忘れていたわけではなく、これまでと同じ熱量ではなくなっただけで、ずっと薄く追いかけてはいたので、もちろん参加したい!となり、券を取り参加しました。

 

 

2019年4月のことでした。

はじめまして会から、もう6年が経っていました。

 

 

松岡菜摘ちゃんは、わたしを見て言ったのです。

 

「えっ、久しぶりだよね?」

「覚えてるよ」

「なんか垢抜けた?かわいい」

 

と。

大学生になったわたしは、髪を染めて、

愛理ちゃんやまいちゃんを好きになったときに真似して覚えたお化粧もして、

菜摘ちゃんを好きで好きで仕方がなかったあの頃よりかは確実に可愛くなっていました。

むしろ、中高生の頃あんなクソブスでよく菜摘ちゃんに会いに行けてたな?と今は思いますし、同じ人と認識しないでくれ……とすら思います。

 

 

そんな風に言ってくれて、再熱しないわけがありませんでした。

中高生だった頃よりも、お金も時間もある程度自由に使えるようになり、最低でも月一回は菜摘ちゃんを拝みに行く生活になりました。

 

 

あんなにネガティブだった菜摘ちゃんは、

「楽しんで上手くいけばラッキー!ダメだったら次がんばろう」と、

あの頃よりもすごくポジティブ思考になっていました。

 

愛ちゃんやさっしーが卒業してしまって、咲良と奈子が渡韓して、不安な要素も多いこれからのHKT48を、

「背負いたくて背負ってる」と、

先頭に立ってみんなを引っ張るキャプテンになっていました。

 

もっともっと大好きになりました。

だけど、笑った顔はずっと変わらなくて、

ちゃんと大好きな菜摘ちゃんでした。一番可愛い。

 

 

そんなこんなで、きっと今もガチ恋要素はあるオタクだけれど、ガチ恋をしていたあの頃よりも好きです。

苦しくなることももちろんありますが、応援していてとっても楽しいです。

そして、菜摘ちゃんを好きで応援している自分のことも、少し好きです。

見る目あるなってめちゃめちゃ思います。

 

 

 

松岡菜摘ちゃんありがとう!!!

ずっとずっと大好きだよ!!!

(3月前半の公演スケジュール、休館日しかなくて病んでますが)(早く会いたい)